八丈島産のエビネ

ブログを開設しました。

記念の第一号の記事は、このエビネ。

八丈島産のエビネを紹介したいと思います。

1970年代前半に、転勤で八丈島に数年間住んでいた親戚がいます。

その親戚は、地元の知人から山から採ってきたよと言われて、数株のエビネを頂いたそうです。

花を育てる事に興味がない親戚は、八丈島から帰ってきて、もらったエビネを庭に植えっぱなしにしていました。

今から10年くらい前でしょうか、その親戚の家に行く機会があり、山野草栽培が趣味の私は親戚の庭の花を観察していました。

その中にエビネらしき葉っぱがあり、聞いてみると八丈島にいた頃もらったエビネで、しばらく花を咲かせてないという事でした。

当時エビネに興味はなかったですが、栽培の知識はあったので、株分けをして植え替えてあげました。

びっくりしたのは、バックバルブの数です。

20個以上は連なっており、先の方は米粒ぐらいに小さく、その先は腐っていました。

当時で30年以上前にもらったエビネですから、バルブの数を見て嘘ではないことが分かりました。

残ったバックバルブをもらってきて、バルブ3~4個つけて1株とし、4株ぐらいをミズゴケにくるめて、我が家の庭に植えました。

こんな感じで、八丈島産のエビネが我が家にあります。

今は開花株が4株、去年バルブ伏せに成功した株が2株、合計6株まで増えてきました。

花を咲かせた八丈島産のエビネです。

これが八丈島産のエビネです。

私以外持ってないし、貴重な事から(天音・あまね)と命名しました。

細くて透き通るような花弁。

距が長く、舌の特徴がニオイエビネっぽい。

でも隆起線が3本はっきりとしているので、純粋なニオイエビネではないです。

交雑種と思われるので香りは強くないですが、無風の時にこのエビネに近づくと、1メートル離れていても微かに香りが分かります。

本やネットで色々調べて私が出した結論は、このエビネはスイショウに近いミクラではないかと思います。

花弁が細くて繊細、透明感があるのでスイショウっぽいのですが、花弁に茶色と黄色の色が入るので、これはジエビネの血ではないかと思われます。

私がエビネに本格的に興味を持ち始めたのは、3~4年前からです。

まだまだ勉強中です。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。