芽が出てきました

クロバナロウゲの芽です

もう何年も行ってませんが、以前は山登りも趣味の一つでした。

花の多い山が好きで、特に湿原のある山が好きでした。

新潟・長野県境の苗場山、新潟・群馬県境の平ヶ岳、福島県の会津駒ヶ岳、福島・栃木県境の田代山、栃木県の鬼怒沼山など、今でも印象に残っています。

その湿原などの水場の近くに自生している、クロバナロウゲ。

湿原の山によく行った私ですが、この花は一度も見た事がありませんでした。

尾瀬でよく見られるという事ですが、尾瀬には行った事がないんですよね。

尾瀬の近くの平ヶ岳や会津駒ヶ岳には行きましたが、尾瀬は人が多いと言うイメージが強くて私は避けていました。

人が嫌いと言う訳ではなく、私は風景や花の写真も撮るので、人の邪魔になるかなと思っての事です。

5年くらい前に、クロバナロウゲの種がオークションに出品されていたので、購入し種を蒔きました。

芽が出たのは2株で、次の年には花を咲かせてくれました。

残念ながらその時の2株は枯れましたが、去年新たに2株購入し育てています。

でも、夏を越せずに1株枯れてしまいました。

原因は、夏の強い日差しを避ける為に、3か月近く寒冷紗を張っていての日光不足ではないかと思われます。

実生から育てて枯れた2株も、鉢植えの1年目は順調だったのに、2年目に庭に植えてから夏越しに失敗しました。

辛うじて生きていた株が1m以上茎を伸ばしていたので、間違いないと思います。

寒冷紗の隙間からこぼれる日光を探していたのでしょう。

1m以上も伸びた株元から芽が出てきたので、やっと挿し木できます。

茎が伸びすぎてちょっと邪魔でしたので。

今年の夏越し対策は、朝の直射日光を当てるように寒冷紗の張り方を考えます。

夏の直射日光に弱い山野草も近くにあるので、悩みますね・・。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。