モイワラン

私の実家から歩いて2~3分の所に、サイハイランの自生地があります。

山の谷間に、昔は小さな水田がいくつかあった所でした。

水田があった所は、実家で飼っていた歴代の犬を葬っているお墓があるので、よく行きます。

その自生地から採ってきたサイハイラン、3株ぐらい庭に植えています。

自生地は実家が所有している山なので、盗掘ではありません。

ざっと見た感じ、サイハイランは200~300株はあると思われます。

庭に植えてから絶えることなく、10年くらいは生きていると思います。

私は鉢植えで育てた経験がないので分かりませんが、サイハイランは菌と共生しているので、鉢植えで育てる事は出来ないらしいです。

モイワランの芽です

そのサイハイランに、よく似ているモイワラン。

一昨年オークションで購入して、実際花を見ました。

確かにサイハイランに似ていますが、色が濃くて赤紫色。

サイハイランにも多少の色の濃さはありますが、モイワランは多少どころではないです。

身近でサイハイランの花を見てきたので、オークションで購入した株はモイワランで間違いないです。

ただ私の持っている参考書には、モイワランには葉がないとあるのですが、ネットで色々調べた所、葉のある個体もあるそうです。

去年は葉っぱが出てこなかったので、枯れてしまったのかと心配していました。

数週間前に芽を確認してから、すぐにsugoi-neで植えているエビネの近くに植え替えました。

葉がないのに花を咲かせるという事は、サイハイランより菌に依存しているのでしょう。

普通の土では、キンランと同じように数年で株が消滅するでしょうね。

sugoi-neで植えて、どんな感じか観察していきたいです。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。