カライトソウ

私の大好きなマツムシソウと共に、初秋の高原を彩るワレモコウ。

ウメバチソウの白、アキノキリンソウの黄、リンドウ・マツムシソウ・トリカブトの青紫、そしてワレモコウの赤。

あと1ヶ月もすれば、高原は秋の装いになります。

そのワレモコウと同じ仲間の、カライトソウ。

カラフルな色の花は、この花の少ない時期、とても良く目立ちます。

雑草の代表として有名な、エノコログサに形はよく似ています。

カライトソウやワレモコウはバラ科で、バラ科は肥料を好みますね。

でも山野草なので、肥料は控えめが基本。

まだ花を咲かせていない苗なら、適度に与えた方が良いです。

今はワレモコウは育てていませんが、ナガボノシロワレモコウを育てています。

ワレモコウ、ナガボノシロワレモコウ、そしてカライトソウ、みんな同じような葉っぱです。

カライトソウが咲き終わると、庭で咲く花がなくなり寂しくなります。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。