ハクサンシャクナゲ

ハクサンシャクナゲの花です

亜高山帯に自生している、ハクサンシャクナゲ。

ハクサンシャクナゲの八重咲と言うよりダブル咲きなんですが、それをネモトシャクナゲと言います。

ネモトシャクナゲは、福島県の県花になっている花です。

北海道の襟裳岬に自生している小型のハクサンシャクナゲを、エリモシャクナゲと呼んでいるそうです。

私も育てていますが、本当に大きくなりません。

それとエリモシャクナゲは、普通のハクサンシャクナゲより、かなり暑さには強いと思います。

私は以前、ハクサンシャクナゲとネモトシャクナゲを育てていましたが、数年で駄目になりました。

でもエリモシャクナゲは、今年の暑い夏も無事耐えてくれました。

数年経っても背丈が10cmくらいなので、鉢植えでもお勧めです。

会津駒ヶ岳でハクサンシャクナゲが咲いていたところは、山頂辺りの、木々が多かった所と記憶しています。

たまに湿原でも見られますね。

キバナシャクナゲとハクサンシャクナゲの自然交雑種を、日光黄花シャクナゲと言います。

私が登った事のある、栃木県の日光の山に自生しているそうです。

男体山と女峰山、どちらもきつかった思い出しかありません。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。