ナンブタカネアザミ

アザミと聞くと、山梨県の三ッ峠山で見た、フジアザミが印象に残っています。

名前の通り、富士山とその周辺の山に自生しています。

女性の握り拳ぐらいの大きさがある花で、とても圧倒されました。

庭が広ければ2~3株植えたいですが、狭い庭の我が家では無理なので、自生地の花を見るだけで私は満足しました。

さて、飯豊山から御西小屋にかけての草地でよく見かける、ナンブタカネアザミ。

当時は、名前も知らずに写真を撮りました。

フォトライブラリーにアップする為に色々調べて、名前や特徴を知りました。

フォトライブラリーやブログをやってなかったら、ただのアザミで終わっていたと思います。

好きな花以外も色々調べる必要があるので、勉強になりますね。

花の種類の判別は本当に難しいですが、本や図鑑・ネットで色々調べるのは、楽しいです。

前も書きましたが、花以外にも葉っぱや全体像を映す必要がある事を痛感しました。

アザミの花はどれも同じような感じなので、葉っぱの切れ込みやトゲの鋭さで判別する必要があります。

私の写真を見れば分かりますが、花だけで葉っぱがほとんど写っていません。

作品として映す以外にも、資料用としての写真も必要ですね。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。