作業記録

今日も写真はないです。

今回は、個人的に使う作業用記録です。

2021年2月21日。

山野草の種蒔き、オトギリソウ・アケボノソウ・フクジュソウ・オミナエシ・クサレダマ・タムラソウ・キッコウハグマ・ヨツバヒヨドリ・トガヒゴタイ・ミヤマセンチュウ・ハマフウロ・トゲミノハマナス。

鹿沼土・蝦夷砂混合用土に、今回はミズゴケを用意出来たので、鉢の表面にミズゴケを細かくちぎって入れた。

理由は、ミズゴケを入れた方が、発芽率が良いような気がする。

いつもミズゴケを忘れて種蒔きしているが、発芽率が悪い。

対馬産・黄金オニユリの植え替えをした。

ムカゴを購入して植えてから、一度も植え替え無し。

今春で3年目。

植え替えの時に球根を確認したが、ササユリの開花株程度の大きさまで球根が成長していた。

オニユリは初めて育てているので、どのくらいの大きさで開花するかはわからない。

ササユリの植え替えをした。

植え替えの時に状態を確認したが、綺麗な白い球根だったので、用土は桐生砂単用で間違いないと思う。

ただ、桐生砂単用は水がしみ込みにくく、水が抜けにくい。

対策として今回は、ごろ土をいつもより少し多く入れて、ごろ土の上に鹿沼土と蝦夷砂の混合用土を少し入れてから、その上に桐生砂を入れてみた。

植え替えが終わって水やりをしてみたが、いつもより水が入りやすくて水が抜けやすかった。

ホソバノツルリンドウとヨツバシオガマの種は、準備が出来次第蒔く予定。

ヨツバシオガマは、実生から育てた人がいるので、その方のホームページを見て勉強済み。

ホソバノツルリンドウは、色々調べてみると、土の中の菌との共生関係があるとか、自生地ではススキや笹などに絡みついているようなので、ススキと笹は同じイネ科なので、ホソバノツルリンドウは、ヨツバシオガマと同じイネ科に寄生?

紅チガヤ・ヤクシマススキ・糸ススキなどを購入して、種を蒔く予定。

ホソバノツルリンドウは、実生から育てた方がいないようなので、どうなるか楽しみ。

あっそうそう、菌との共生関係もあるかもしれないので、土はもちろん、sugoi-neで植えようと思います。

菌と言えば、sugoi-neですからね。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。