鬼滅の刃を見ていて・・

昨日子供が、劇場版・鬼滅の刃・無限列車編を見ていたので、私も一緒に見ていました。

ずっと見ていた訳ではなく、確か最後の方だと思います。

炎柱と言う炎の剣の使いが、上弦の鬼との死闘の末亡くなる寸前に、亡き母が現れました。

このシーンを見ていて、私はヤバイ・・と思い、子供にもう遅いから寝なよと言って寝室に行かせました。

1人になってから、私はこのシーンを20回は繰り返し見ていたでしょうか・・。

テレビアニメを見ていて、涙が流れたのは初めてです。

結構涙が流れましたよ・・。

炎柱が、上弦の鬼から鬼にならないかと誘われている時に、子供の頃に亡くなる前の母からの戒めを回想するシーンも、涙が出てきました。

私はどころ処見ているだけですが、子供はセリフを言えるくらい何度も見ているようです。

確か去年でしたよね、鬼滅の刃が流行ったのは。

私は我が道を行くタイプなので、世間の流行りなど全く興味がないです。

でも、子供のおかげで鬼滅の刃を見るようになったし、見れて良かったと思います。

子供に感謝ですね。

今更ですが、何で流行ったのか分かるような気がしました。

今年の年末年始は、最初からゆっくりじっくり、録画している鬼滅の刃を見ようと思います。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。