姫キバナイカリソウ

荒川岳姫イカリソウの葉っぱです

南アルプス荒川岳に生える、姫キバナイカリソウです。

日本海側に自生する、キバナイカリソウの高山型と言われているようです。

確か去年の春先に購入しましたが、送られてきた株はとても小さな苗でしたので、去年は株の充実に努めました。

今年の春に、やっと花を咲かせてくれました。

去年より、かなり大きく成長したと思います。

この写真は2週間前の物ですが、12月上旬まで葉っぱを青々とさせていました。

普通のイカリソウは、1ヶ月以上前に葉を落としています。

高山植物なので、寒さには強いんでしょうね。

これだけ長く葉を保つ事が出来れば、来年は更に株が充実しそうです。

予定通り行けば、来年落葉した時に株分け出来そうですね。

株が増えるのは、とても嬉しいです。

何かあった時の予備になるし、2株以上あれば心の余裕にも繋がります。

栽培は、特に難しい事もないですね。

虫も付かないし、山野草栽培の知識があれば簡単ですよ。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。