コオズエビネ(無銘自然種)

昨日は帰りが遅かったので、今日はゆっくり起きました。

時間が経つにつれて、天気も良くなってきましたね。

さて、庭は花が沢山咲いていて、本当にお花畑です。

今日は、コオズエビネを紹介します。

コオズエビネの新芽です

3月20日。

新芽が動き始めました

3月28日。

コオズエビネの蕾が出てきました

3芽あるうち、2芽が花を付けました

4月3日。

綺麗なイエローの蕾です

全体の様子

4月9日。

花のアップ

本当に良い花です

花の全体図

望遠レンズで撮っています

望遠レンズ使用

4月16日。

エビネには、ジエビネ・キエビネ・キリシマエビネ・サルメンエビネ・ニオイエビネの原種が自生しています。

場所によっては、2種類・3種類の原種が自生していて、交雑種が生まれています。

ジエビネとキエビネで、タカネ。

ジエビネとキリシマエビネで、ヒゼン。

ジエビネとサルメンエビネで、イシズチ。

ジエビネ・キエビネ・キリシマエビネで、サツマ。

キエビネとキリシマエビネで、ヒゴ。

ジエビネとニオイエビネで、コオズ。

キリシマエビネとニオイエビネで、スイショウ。

ジエビネ・キリシマエビネ・ニオイエビネで、ミクラ。

分かりやいようにコオズエビネと書いていますが、交雑種は~エビネとは言わないようです。

3~4年前に無銘の自然種を購入して、順調に成長してきました。

種類によっては、我が家に来て環境がガラッと変わるので、作落ちする物もあります。

去年はタブル芽で、今年はトリプル芽です。

花数も、20~25個くらいあると思います。

開花して数日経ちましたが、やっと香りが出てきました。

コオズは、ニオイエビネの血が入っているので、香りのある物が多いです。

りつこの輝きと言う銘の有名なコオズエビネがありますが、それに比べても負けないくらいの良い花だと私は思っています。

去年の葉も無事冬を越したので、来年は更に芽数が増えそうです。

最低でも、クインティプル芽にはなるんじゃないかと思います。

庭のエビネ達は芽数がかなり増えてきたので、来年株分けして植え替えようと思っています。

その時に、以前アツモリソウを栽培していた時に使っていた、クリプトモスを使ってみようと思っています。

クリプトモスは杉の樹皮を使った用土で、天然の有機成分が土壌を改善し、土壌伝染性病害の発生を抑制する効果があります。

そしてアツモリソウ栽培では、クリプトモスを使うと根の発育がかなり良くなるそうです。

私は自然に生えているエビネを見た事がないですが、色々調べるとエビネは杉林に自生している事が多いみたいです。

エビネは、ウイルスや病原菌に弱いとされていますが、杉林に自生している事を考えると、杉の何かがエビネにとって住みやすい事だと想像できます。

なので、クリプトモスは自生地の事を考えても、エビネにとって良い効果があると言えます。

sugoi-neでラン菌を増やし、クリプトモスで根の発達を促し、土壌の改善と病気の発生を抑える事が出来ると、私は考えています。

山野草栽培は、自生地の環境を知る事が重要だと、私は以前から言っています。

来年、庭にクリプトモスを使ってどんな効果があるのか、色々観察したいと思います。

下のバナーを、1日1回押して頂けると嬉しいです。

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。