ハクウンラン

ハクウンランの花です

ハクウンラン。

初めて聞くランです。

どんなランだろうと思いネットで調べると、低山から亜高山帯まで自生。

アップされている写真を見ると、自生地は落ち葉の堆積した所。

驚いた事に根がないらしい。

それで生きていけるという事は、キンランと同じように蘭菌に依存するタイプと推定。

キンランは立派な葉と根があり、一見すると育てられそうに見えます。

しかし蘭菌から得られる栄養に依存している為、蘭菌のいない場所で育てても、株の力で3~5年くらいは何とか生きていますが、その後株は消滅します。

私も5年くらい株を維持出来ましたが、その後芽が出てくる事はありませんでした。

ハクウンランは、そのキンラン以上に蘭菌に依存しているように思います。

これらを踏まえて、ハクウンランは鹿沼土のような普通の土では栽培不可能。

蘭菌のいる土と言うと、エビネで紹介したsugoi-ne。

sugoi-neで植えれば大丈夫なんじゃないかと思い、購入に至りました。

届いたハクウンランを、すぐに植え替えました。

土を全部取り、確かに根は生えていませんでした。

茎が土の中に、少し入っているような感じです。

植え替えて次の日に開花したので、植え替えのダメージはないように思います。

高さ10cmにも満たない、小さなランです。

この先どうなるか、詳しく観察していきたいです。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。