紅花山芍薬

紅花山芍薬の根です

種を蒔いて、4年目を迎えた紅花山芍薬です。

3年間、植え替えもせずに鉢植えで育てていました。

今日エビネの植え替えをしましたが、エビネの風よけとして、全部庭に植えました。

去年、別の鉢植えの紅花山芍薬を庭に植えましたが、庭に植えた物より鉢植えで育てた方が、新芽が良いように思います。

適度に液肥を与え、真夏以外、日当たりで育てたからでしょうか。

花が咲きそうな芽もあります。

3年間育てた感じ、普通の山芍薬より暑さに強いように思います。

山芍薬は夏前に葉が枯れますが、この紅花山芍薬は、11月下旬まで葉が残ります。

まぁ山芍薬は、紅花山芍薬より1ヶ月程度、芽が出るのが早いですけどね・・。

実生の紅花山芍薬以外にも、8年程育てている株があるのですが、こちらは暑さに弱く真夏には葉が枯れます。

種から育てると、その地域の環境に適応しますね。

老株を維持するより、実生更新した方が育てやすいです。

8年程育てている株は、ここ4年くらい花を咲かせていません。

強引に株を分けて、株に危機感を与えてみましょうか。

花を咲かせると言う事は、子孫を残す事。

自分の生命に危機感を感じると、子孫を残すために花を咲かせると言う植物は多いと思います。

確か柑橘類も、茎や根っこにダメージを与えると、花付きがよくなると言う事を聞いた事があります。

レモンなど育てている方で、花付きが悪いと言う方は、スコップで根元を傷つけてみてはいかがでしょうか。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキング

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

<span>%d</span>人のブロガーが「いいね」をつけました。